Case: Introducing DRU

オーストラリアのドミノ・ピザが、世界初となる商業用自動運転デリバリーロボット、その名もDRU(ドリュー)を公開しました。

かねてよりピザの配達の効率と安全性を高め、また顧客に価値あるサービスを提供する抜本的な方法を模索していたドミノピザ。その答えとなるべく開発されたのがDRUであり、綿密な研究と度重なる実験の末、今年3月8日に試験運転を開始したのです。

現在、クイーンズランド州の一部エリアにてデリバリーを行っているDRU。キャリーボックスに出来立てのピザと冷たいドリンクを入れ、搭載したカメラとセンサーで障害物を回避しつつ、目的地までの最適な道順を判断しながらお客さんの元へと配達します。

初めて見るデリバリーロボットに、道行く人も驚きを隠せない様子。

ピザが到着すると、お客さんは注文時に受け取ったコード番号を入力。するとボックスが自動で開き、中から商品を取り出すことができるという仕組みです。


ドミノ・ピザによると、今はまだテスト走行を繰り返している段階であり、本格的な導入には至っていないものの、1年後には世界に向けローンチするという目標を掲げ、急ピッチで開発を進めているところだといいます。

近い将来、日本でもDRUが活躍する日が来るのでしょうか…楽しみですね。

世界各地でドミノ・ピザが手掛けた事例に関心のある方は下記もご覧ください。
思わずスゲーってなる、世界のドミノ・ピザが仕掛けた大胆不敵なプロモ10選