Case: Bring back the bees

いつの時代も、私たち人間の辞書には「助ける」という言葉がありましたよね?これまで様々なものに手を差し伸べてきた私たちですが、今回は“ハチ”を助けようという、はちみつ風味のシリアルでおなじみのCheeriosの動画をご紹介します。

「助ける」こと、それは人間の生命活動の一部です。人命救助はもちろんのこと、これまで多くの野生動物にも手を差し伸べてきました。

そして、今、私たちが救いの手を差し伸べなければならないのは、他でもない“ハチ”です。

ハチは、近年、自然環境の悪化による野花の激減が原因で、その数が減少傾向にあるといいます。特に欧米諸国では深刻化しており、食物連鎖にも影響を与える事態への対策が急務となっています。

ハチの数が減ってしまえば、当然はちみつも減っていまいます。

そこで、Cheeriosは、はちみつを確保するために、ハチのために“野花を植えよう”と呼びかけるキャンペーンを実施しています。

参加方法は至って簡単。本キャンペーン動画をシェアし、“野花の種”を無料でゲットして、それを植えるだけ。

3500万本の野花を植えることを目標に掲げています。

“「助ける」という言葉が辞書にあるみなさん、ハチを助けましょう。ハチのために野花の種を植えましょう。”と呼びかける、はちみつが無くてならないシリアルブランドのキャンペーン動画でした。