Case: RULE YOURSELF

高機能なウェアを提供し、多くのトップアスリートたちをサポートするUNDER ARMOUR(アンダーアーマー)。2015年のカンヌでサイバー部門のグランプリを受賞した、スーパーモデルのジゼル・ブンチェンが登場する「I will what I want」をはじめとしたCMによって、“自らの揺るぎない意志こそが人(アスリート)を強くする”ということを訴えかけてきました。

今回は18個の金メダルを含む、通算22個のメダルを獲得するという偉業を成し遂げたアメリカ人競泳選手、マイケル・フェルプスが登場。今年31歳になるフェルプス選手が、現役最後のオリンピックに挑むため、過酷なトレーニングを続ける様子を描いた映像です。

ウェイトトレーニング、負荷をかけての泳ぎ込み、栄養のバランスを考えた食事、トレーニングで痛めつけた体のメンテナンス…水泳選手としては決して若くはないフェルプス選手が、8月に行われるリオ五輪で最高のパフォーマンスをするべく、肉体的、精神的に自分を追い込んでいきます。

辛く厳しい練習、自分との葛藤、そして周囲の期待とプレッシャー。全てを胸に秘め、ただひたすらに泳ぎ続けるその姿は、美しく、感動的。

「It’s waht you do in the dark that puts you in the light.(暗闇の中でした努力が、自分を光の当たる場所へと導いてくれる)」

最後に出てくるこの言葉と、フェルプス選手の眼差しがとても印象的なテレビCMでした。