直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、マジョリカ マジョルカ、米子鬼太郎空港、アマゾン ジャパン、BAKE、サントリーの5つの事例をご紹介。

1:「この瞳には、秘密があるの。」新製品スペシャルムービー(マジョリカ マジョルカ)

マジョリカ マジョルカ

資生堂のメーキャップブランド「マジョリカ マジョルカ」は、 2月21日(日)に発売した「ジェルリキッドライナー」で描かれた不思議な世界を表現した動画『この瞳には、秘密があるの。』を、ブランドサイトにて公開。
動画内では、スラスラと走る「ジェルリキッドライナー」の筆先に目を凝らしてみると、目を疑いたくなるような、驚きのトリックアートメークを楽しめる内容になっている。トリックアートメークを描いたのは、筆を自在に操り本物と見まがうように表現する描写力を持つアートメークアーティストの「チョーヒカル」氏。さらに、楽曲にもこだわり、独自の世界観が評価され、女性からの共感も多く集めている作曲家の「きくお」氏を起用。映像内のトリック部分と音をシンクロし不思議な世界を感じさせるような演出にこだわっている。

2:米子の空の玄関を彩るステンドグラス「妖怪たちの森」(米子鬼太郎空港)

日本交通文化協会は、2月下旬に日本を代表する世界的漫画家、水木しげる氏によるパブリックアート「妖怪たちの森」を米子鬼太郎空港に設置。米子空港ビルの協力のもと、鳥取県境港市出身の日本を代表する世界的漫画家、水木しげる氏が今までに生み出してきた妖怪たちが、鬼太郎のもとに大集合した作品。ちょっとこわいけれど、それでいてなつかしい感じがする「妖怪たちの森」が、光輝くステンドグラスになって空の玄関を彩る。
3月8日(火)には、ステンドグラス除幕式および米子鬼太郎空港リニューアルお披露目式開催も予定されている。

3:東日本大震災に纏わる貴重なアーカイブ「記憶の継承」を無料公開(アマゾン ジャパン)

「記憶の継承」プロジェクト

アマゾンでは、東日本大震災から丸5年を迎え、「記憶の継承」として、私たちが忘れてはいけない「記憶」をデジタルアーカイブ化し残していくプロジェクトを開始。
天災や戦争、社会問題などにまつわる人々の声や記憶を、広く共有し、いつでも触れられる機会を作り出すために動き始めたプロジェクト「記憶の継承」では、コンテンツを3月10日(木)より無料で公開し、記憶を継承するためにデジタルアーカイブ化していくことを目的としている。
アマゾンは、東日本大震災発生後に、義援金プログラム、「ほしい物リスト」サービスによる避難所等支援、被災地の出品者支援、クラウドによるITインフラ支援を行うとともに、社員有志が被災地でがれき処理などのボランティア活動を行ってきている。

4:原料や製法にこだわったアップルパイ専門店のティザームービー(BAKE)

お菓子のスタートアップとして今の時代にあった本質的なお菓子作りを追求するBAKEが、焼きたてカスタードアップルパイ専門店「RINGO」を、3月4日(金)に池袋駅にオープン。それに伴い、ティザームービーを公開。
「RINGO」の『焼きたてカスタードアップルパイ』は、本商品は、グループ会社である北海道札幌の人気洋菓子店「きのとや」で、30年間改良を重ねながら愛され続けているアップルパイをさらに進化させて開発したもの。テスト販売1週間では、10,000個完売した。
原料にこだわり、カスタードクリームやパイ生地には、オリジナルブレンドの小麦粉や北海道産のものを使用。リンゴは、香りと食感を出すために旬の時期に収穫してすぐに2cm角のキューブ型に切り、フィリングにした商品。さらに、工房一体型の店舗であることより、お客は店頭にて、目の前でアップルパイがオーブンで香り良く焼きあがっていく様子を見ることができる。本商品は 1個370円(税別)。
また、オープンに先駆けて行われた試食会をかねたレセプションパーティーでは、ゲストの名前入りの林檎を用意するなど、アップルパイ専門店ならではの演出が施された。

5:360度動画での“バーチャルお花見”体験ができる「金麦」特設サイト(サントリー)

金麦の春

サントリー「金麦」はこのたび、「360度動画」で全国各地の桜の絶景を紹介する春だけの期間限定特設サイト「桜咲く 春の金麦」を3月1日(火)より公開。
サントリーが行ったインターネット調査の結果によると、20~40代男女の58%と約2人に1人が、「お花見に行きたかったのに行けなかったことがある」と回答。そんな人のために作られたのが、本サイト内に用意された「360度の桜に包まれる、金麦特等席」。
これは、日本全国の桜の名所(全8箇所)の様子を「360度動画」で撮影し、これまでにない臨場感あふれる“バーチャルお花見体験”ができる日本初(※)の取組みとなる。
今回は、第1弾として、全8箇所の中でも特に珍しい種類の桜が見られる、沖縄県の今帰仁(なきじん)城跡の桜並木と、静岡県・河津町の河津桜の風景を公開。今後、他の風景も各地の桜の開花状況にあわせて順次公開予定。
(※) YouTube上で、日本各地の複数のスポットで撮影した桜の名所を映した「360度動画」として。2016年2月末時点。


AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供頂いた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。