Case: BURGER KING reveals the end of a McDonald’s commercial

先日、フランスのマクドナルドがバーガーキングを煽るように設置した“最寄りのバーガーキング店までの長い道先案内看板”は当サイトでご紹介しましたが、今回は、その看板に対して寄せられたバーガーキングの“お返事”(反撃動画)をご紹介します。

こちらが、マクドナルドが設置した看板です。

最寄りのマクドナルド店まで5kmであるとシンプルに書かれた看板の隣に、258km先にあるという最寄りのバーガーキング店までの長い道のりを懇切丁寧に記した巨大看板を設置することで、いかにマクドナルドが便利であるか、マクドナルドであればすぐに食べることができること訴求するというものでした。

マクドナルドは、この看板の設置風景を撮影した動画も公開していますが、今回は、バーガーキングは、マクドナルドが制作した動画に“その後のストーリー”を追加することで、挑戦的なマクドナルドに“お返事”をしました。

マクドナルドの動画は、看板を見上げるカップルを乗せた車が走り去るところで終わりました。バーガーキングは、ここから先のカップルを描いています。

マクドナルドとバーガーキングの比較看板を見上げたこちらのカップル。

行先はもちろんすぐ近くにあるマクドナルドでしたが、購入したのは“Lサイズのコーヒー”だけ。

なんと、カップルはよりおいしいワッパーの為に、マクドナルドのコーヒー片手に、バーガーキングまで長距離ドライブをしたのです。

「マクドナルドさん、近くにあってくれてありがとう。おかげですぐにコーヒーを買うことができて、バーガーキングまでのドライブのお供を難なくゲットすることができました。」

ワッパーはやはりおいしかったようで、ドライブした甲斐があったというカップル。バーキンのワッパーの為なら258kmはちっとも遠く感じなかったみたいですね。

遠くても、わざわざ食べに行く価値があるのがバーガーキングのハンバーガー。マクドナルドには、バーガーキングへの長距離ドライブを支えるべく、あちこちでコーヒーを提供してくれることに感謝をつづった“お返事”でした。