Case: Happy Goggles

スウェーデンのマクドナルドが、同国の「Sportlov」(スポーツ休暇)に合わせて、“VRヘッドセットを作ることができるハッピーセット”を発売します。

多くの子供たちがスキーに出かけるというスポーツ休暇(今年は3月5日から3月12日まで)にスウェーデンのマクドナルドがリリースするのがこちらのハッピーセット。

おなじみの赤い箱に入った子供用のセットは、一つ約4.10ドル。点線に沿って切り取り、丁寧に組み立て、付属のレンズをはめ、スマートフォンを挿入すると、簡単にVRヘッドセットを作ることができるというものです。名付けて“Happy Goggle”(ハッピーゴーグル)。

子供たちを喜ばせるべく、このVRヘッドセットでぜひとも遊んでほしいスキーゲーム(“Slope Stars”)も同時に提供しています。

VRヘッドセットを作れるハッピーセットは、同国14か所の店舗で3,500個限定で発売されます。

親子でVRヘッドセットを製作し、親子でバーチャルリアリティを体験することができる3Dゲームを楽しめば、スポーツ休暇がより思い出深いものになること間違いなしですね。

今回世界初、スウェーデンで発売されるVRヘッドセットが作れるハッピーセットは、リリース後の反応次第では、他国でのリリースの可能性もあるとか。

近年、急速に人気を集めているVRヘッドセットが、子供たちにとっても身近なツールとなりうるマクドナルドのハッピー施策でした。