Case: From Like to Love

Facebookに「いいね!」だけでなく、新たなアイコンが新設されたのをご存知ですか?今回は、この新しいFacebookのアイコンを絶妙なタイミングで利用したアメリカの自動車メーカー・シボレーの新型『Malibu』2016年モデルのウェブCMをご紹介します。

この度、Facebookに新設されたのは、「超いいね!」(love)、「うけるね!」(Haha)、「すごいね!」(Wow)、「悲しいね!」(Sad)、「ひどいね!」(Angry)の5つのボタン。これまでの「いいね!」とあわせると全6種類になります。

今までは、小さな発見を見ても「いいね!」、素晴らしい景色に対しても「いいね!」、驚きの行動にも「いいね!」、決して“いい”出来事ではないけれど悲しいアクシデントにも「いいね!」を付けることしかできませんでしたが、新たに加わったアイコンがあれば、より現実に近い想いを投稿者に届けることができます。

今回、シボレーが着目したのは、この5つの新アイコンの中でも「いいね!」を超える感動を伝えることができる「超いいね!」というもの。『Malibu』のような中型車にはこれまでも「いいね!」に相当する機能がたくさん搭載されたいたといいますが、新型『Malibu』だけには「いいね!」を超える「超いいね!」に値する魅力があるとか。

そこでシボレーは、Facebookが新アイコンを発表したまさにその日に、その新アイコンを使ったオンラインCMを公開しました。

“It’s time to love”(「超いいね!」ボタンを押すときが来た)とのメッセージで始まるCMでは、ありとあらゆる投稿に日々「いいね!」を押しまくる私たちの様子が映し出されます。

そして『Malibu』が映し出され、“『Malibu』は「超いいね!」に値します。「超いいね!」という想いを伝えよう!”とのメッセージで締めくくられるCMでした。

このCMは実際にFacebookにも投稿されていて、同社はどれだけ「超いいね!」を獲得できるか見守っているとか。

Facebookの「超いいね!」に便乗して、『Malibu』が「超いいね!」に値することをPRする、公開タイミングが絶妙なウェブCMでした。