Case: Commander

Audiが2016年のスーパーボウルで放映した、新型スポーツカー「R8」のコマーシャルをご紹介します。

主人公は、こちらの退役宇宙飛行士。

部屋は、輝かしい功績を証明する数々の記念品であふれていますが、年老いた退役宇宙飛行士の男性の表情は暗く、元気がありません。

宇宙に挑んだ栄光に輝いた日々は遠い過去のものになり、退役した今は生きる希望を失ってしまったようです。

この日も食事に手をつけることがなかった男性の元を訪れたのは、息子。

気落ちしてしまっている父親に「コマンダー!」と声を掛け手渡したのが、アウディー「R8」のキーです。

希望に満ちてロケットに向かって歩いたように、胸の高鳴りを感じながら一歩一歩「R8」に近づいて行きます。

鼓動が高鳴りコックピットに座ったように、胸を躍らせ運転席につきます。

そして、あの忘れられない発射の瞬間が再びよみがえってきました。「R8」のハンドルを握り、エンジンを掛け、発車した瞬間、男性の顔から曇りが吹き去り、いつの日かのあの目の輝きが戻ったのです。

ロケットを彷彿とさせるほどの走りを実現したという「R8」。輝きを失った元宇宙飛行士が、再び感動と輝きを手にするストーリー仕立てのコマーシャルをぜひ一度ご覧ください。