Case: Paint with accuracy

各種塗装用品を取り扱うアメリカのメーカー・Purdyが、ペイント用ブラシを訴求するために実施した屋外広告をご紹介。

多くの人にとって“綺麗に、正確に塗るのが難しい”と感じられている隅々や細部といった箇所を、同社のペイントブラシであれば、驚くほど正確に塗ることができることを謳うためのアイディアです。

街中にある壁面に、“このペイントブラシを使って広告メッセージを描く”という趣旨なのですが、壁面のブロックとブロックの“つなぎ目・隙間”(≒細部)だけにペイントしました。

完成したメッセージは、“PAINT”。そばには、“WITH ACCURACY(正確に)”というコアコンセプトと商品&ロゴ。

メッセージを腹落ちさせるための、シンプルでクレバーなアイディアでした。