Case: #ToyLikeMe

年齢を問わずたくさんの人を魅了するLEGOに、このほど“車いすに乗った”ミニフィギュアが登場し、話題を呼んでいます。

(Facebook/Promobricks)

80年以上も世界中で愛され続けているレゴですが、これまで障害を持つフィギュアはありませんでした。このことに疑問を感じたイギリス人女性のRebecca AtkinsonさんがSNS上で「ToyLikeMe」と題した活動を始め、障害を持つ子供たちのためにも健常者ではないフィギュアも作ってほしい、と訴えたのです。

さらにオンライン署名サイトのChange.orgにもキャンペーンを立ち上げたところ、多くの人がこの運動に賛同し、2万以上の署名が集まったといいます。

おもちゃにも多様性を、と求める人々の声が企業を動かしたことについて、2児の母親であり、自身も聴覚障がいを持つレベッカさんは「嬉しさのあまり涙がこぼれました」と話しています。

この車いすのフィギュアはレゴシティにのセットの中に含まれており、2016年中に発売予定だそうです。

Unser Artikel über das neue #LEGOCity Sommer-Set mit einem Jungen im Rollstuhl macht weltweit Schlagzeilen. In den…

Posted by Promobricks on 2016年1月28日

世界各地で実施されたLEGOの秀逸な広告・宣伝企画に関心のある方は下記もご覧ください。
LEGOのセンス溢れる広告/プロモーション(まとめ)