直近でリリースされたもの・話題になったもの等、日本国内のクリエイティブ・キャンペーン事例をAdGang目線で独自にピックアップしてご紹介する「Pick of the week」。

今回は、トヨタ自動車、ハーゲンダッツ ジャパン、コメダ珈琲、ゲオ、コイケヤの5つの事例をご紹介。

1. 「七人の力士」が体現する“クルマの安全技術”(トヨタ自動車)

トヨタ自動車は、交通事故死傷者ゼロという究極の願いに向けて、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」を開発。本パッケージの機能を、日本の伝統である“相撲”を通じて伝える動画「七人の力士-SEVEN SUMO-」を公開。

動画では、ロサンゼルスの街に突然登場する7人の力士たちが登場。彼らが街中を疾走する中で、事故が起こりやすい高速度域や夜間、車線逸脱といった様々なシーンをカバーするための機能を“相撲の技”に置き換えユニークに表現。クルマの安全を、日本の伝統と捉えた意外な演出で、国内外問わず反響を呼んでいる。


2. “謎”の新アンバサダーをSNS上で解禁(ハーゲンダッツ ジャパン)

ハーゲンダッツ

ハーゲンダッツ ジャパンは、2月9日(火)より、新フレーバー「ローズヒップ&ラズベリー」と「ラベンダー&ブルーベリー」を発売する。それに伴い、2月6日(土)より放映開始となる新CMに登場するブランド新アンバサダーが、花びらが舞う中で本商品を食べている様子をハーゲンダッツ公式Instagramなどの公式アカウント上でいち早く公開している。

花びらが舞う中の“謎”の新アンバサダーは誰なのか? 2月4日(木)に、新アンバサダーの顔を覆っている花びらが全てなくなり、新アンバサダーを解禁する。


3. 看板商品「シロノワール」が、期間限定「クロノワール」に変身(コメダ珈琲)

チョコメダコメダ

コメダ珈琲は、2月1日(月)より、全国の店舗で「チョコ色に染まれ!コメダのチョコ祭り」を期間限定で開催。バレンタインデーに先駆けて、期間限定で特設サイト内に新キャラクターの『Ms.(ミズ)コメダ』が登場。“魔法の呪文”でコメダのソフトクリームをすべてチョコレート色に染め上げる。

コメダ看板商品である「シロノワール」のソフトクリームはチョコソフトとなり、シロップの代わりに、チョコレートソースと粉糖でデコレーション。さらに期間中、通定番のクリームコーヒーや、ブーツ型のグラスにはいったクリームソーダもチョコソフトに変身し、通常のバニラソフトでの提供はしない。期間は2月14日(日)のバレンタインデーまで。


4. 京都の黒紋付の黒染め技術で服のリユース(ゲオ)

「セカンドストリート」等の総合リサイクルショップ・リユースショップを全国に展開するゲオは、WWFジャパンが地球環境に配慮したライフスタイルの新たな提案としている、衣服のリサイクルプロジェクト「PANDA BLACK」に賛同し、「RE:ウェア キャンペーン」を実施中。「PANDA BLACK」とは、汚れやキズがついた古着を、日本の正装である黒紋付を染める京都紋付による技術で真っ黒に染め上げることで、新品のように生まれ変わらせ、再利用を促すプロジェクト。

本キャンペーンでは、ゲオが全国に展開する一部店舗にて、WWFジャパンの募金箱の設置や啓発パネルの掲出、そして期間限定の特別価格(2,000円~)で染め替えの受け付け等を行う。一着の服を長く大切に使うことにより、地球環境への負荷を減らすことを呼びかける。期間は3月20日(日)まで。


5. 工場をまるごと直送!?「工場超直送便」キャンペーン(コイケヤ)

工場超直送便キャンペーン

“揚げたてのポテトチップス”「湖池屋 工場直送便 ポテトチップス うすしお味」を、もっと身近に感じてもらいたいという思いから、温かさも含めた“揚げたてそのままのポテトチップス”の味わいを楽しめる『工場超直送便』を抽選で1名にプレゼント。応募期間は2月7日(日)までで、ポテトチップスの原料であるじゃがいも、じゃがいもをスライスするスライサー、家庭内にてポテトチップスをフライするのに適した電気フライヤーのセット。

本キャンペーンは、本商品が本当に美味しい「揚げたて」の温度を維持した状態でお客に届けられていないという気づきから、工場そのものをまるごと直送するという発想に至っている。


AdGangでは国内事例の情報提供募集中です。
情報提供はこちらのフォームよりお寄せください。

※ご提供頂いた情報は掲載を保証するものではありません。ご了承ください。