Case: First on 1st

アラブ首長国連邦の銀行・HSBCが、“今年こそは何かを成し遂げたい”と心新たに新年を迎えた市民へ早朝からプレゼントドッキリを仕掛けました。

大晦日は、ここアラブ首長国連邦でも町中でカウントダウンが行われたのか、静けさが戻った元日早朝にも至るところでその形跡が残されています。

町中の多くの人が眠るまだ薄暗い夜明け前の早朝に、早くも2016年最初の朝を始動している人の姿があります。

HSBCは、ビーチに公園に、今年一番乗りを果たした人にサプライズでプレゼントを贈るドッキリを実施しました。

公園を散歩する夫婦の前に現れたのはこちらのボード。「一番乗りしたあなたにヘッドフォンを贈ります」と書かれています。

犬の散歩をする男性の前に現れたボードには「一番乗りしたあなたに“この”自転車を贈ります」と書かれています。そこには本物の自転車が。

どちらの人もメッセージと品を目の前に戸惑いを隠せません。

何かのいたずらかな?罠かな?ボードの裏側を入念に確認します。

そして警戒しながらも、遂に商品に手をかけます。

すると、「あなたに乾杯!2016年が素晴らしい年となりますように!」とのメッセージが現れ、プレゼントドッキリであることが明かされるというものでした。

プレゼントは他にも、自転車やカメラ等もあり、新年早々の嬉しいドッキリに皆喜びの笑顔を浮かべました。

予期せぬプレゼントで今年こそは何かをやり遂げられそうですね。2016年一番乗り?のプレゼントドッキリ施策の一部始終をぜひご覧ください。