Case: Live Store

ブラジルのFiatがはじめた、“自宅にいながら実際に車の販売店を訪れたかのような体験”ができるサイト「Live Store」をご紹介。本施策はカンヌライオンズのイノベーション部門を受賞しています。

これは、カメラとマイクのついたヘッドセットを装着した専門スタッフが、ユーザー目線で車を紹介してくれるというサービス。スタッフとリアルタイムで会話をしながら、気になった点について色々と質問をすることができます。

店員はスマートフォンも使って、車のパーツやカラーバリエーションなど、ユーザーの知りたい情報にすぐさま回答。販売店にいる店員が、車体とともにスマホの画面に車のパーツをうつして、それをお客さんが自宅のパソコンでリアルタイムで見られるのです。

ネットで情報収集しただけでは分からないような、詳細な事柄について聞き出すことができるほか、夜10時までオープンしている点もとても便利です。

このサービスはわずか一か月間でおよそ45万もの人が利用し、そのうち約65%が試乗の予約をしたとのこと。AdGangではこれまでに様々な試乗キャンペーンをご紹介してきましたが、今回は“試乗に誘導するための仕組み”として、非常に秀逸なデジタル施策でした。