Case: Nouvelle Renault Mégane – Real Views

ルノーが新型「Mégane」をリリースするにあたり、その夢のような美しい車がどれほど人々の注目を集めることができるか、“実際に人々の視線をカウントする”という試みをベルギーで実施しています。

YouTubeに動画を投稿し、その“視聴回数”から人々の関心度をはかることが一般的ですが、今回ルノーが実施したのは、バーチャルな映像で注目度をはかるのでなく、リアルな場において人々の“視線”を数えるというもの。

まずは、新型「Mégane」に複数のカメラと顔認識システムを搭載し、世界初“人々の視線を感知することができる”特別仕様車を作ります。

これを実際に街中を走らせ、車体に向けられた“視線”をカウントするというものです。

かっこいい車が通りすぎると、「わぁいいな」という感情が湧き上がり、ついつい振り向いてしまいますよね。人々の感動がこもった本物の“視線”を数え、「Mégane」がどれほど視線を釘付けにする車であるのかリアルに検証するというアンビエント施策でした。

キャンペーン用ウェブサイトでは、実際にチャレンジ終了時までにいくつの視線を集めることができるのか予想することができ、見事当たった人の中から抽選でF1ベルギーGPのペアチケットが当たるというプレゼントキャンペーンを実施しています。

“思わず振り返りたくなる車かどうか”、ぜひ動画をご覧ください。