Case: Lily & the Snowman

もうすぐクリスマス。米映画館のシネプレックスが、映画上映前に劇場で流す感動的なクリスマスCMを公開しました。

Lilyと雪だるまが主人公のストーリー。二人はとても仲良しのベストフレンドです。

辺りが暗くなり家に明かりが灯ると、その明かりを使って雪だるまはLilyに影絵を見せてくれました。

この影絵が、とても素敵でLilyは雪だるまの影絵ショーがすっかりお気に入りの様子です。

しかし、雪だるまとずっと一緒に遊ぶことはできません。季節が変わり暖かくなると、Lilyは雪だるまをガレージにある大きな冷凍庫に連れて行き、雪だるまは次の冬までここで静かに時を過ごします。

くる年もくる年も、冬になると雪だるまを冷凍庫に迎えに行き、冬の間中一緒に過ごしていた二人ですが、Lilyが年を重ねるに連れ、次第に雪だるまへの関心は薄れて行きます。

気付けばLilyは雪だるまと過ごす冬を卒業し、雪だるまは何年も冷凍庫から出ることなく長い月日を送っていました。

すっかりビジネスウーマンに成長したLily。今夜も残業のようです。

ふとした瞬間にデスクの上のスタンドを倒してしまい、その明かりがスノードームを照らすと、忘れかけていた懐かしい風景が目の前に広がりました。

仕事を切り上げ、ベストフレンドだった雪だるまを迎えに家路を急ぎます。

ガレージの奥にある冷凍庫の扉を開けると、そこには昔と変わらず雪だるまがじっとお迎えを待っていてくれました。

何年ぶりでしょうか。LilyとLilyの娘に雪だるまが心温まる影絵ショーを見せてくれるというストーリーです。Lilyと雪だるまは、まさに「BFF」、ベストフレンドフォーエバーですね。クリスマスは大切な人と過ごしましょうというメッセージが込めれた素敵な動画でした。

映画館で見れば、人目もはばからず思いっきり涙を流すことができますね。ぜひ一度ご覧ください。