Case: LOADED

オーストラリアのマクドナルドが、新商品であるLoaded Fries(フライドポテトの上にチーズソースやサルサソースなどがたっぷりかかった新メニュー)をPRするショートフィルム「LOADED」を公開しました。
(以下の動画は予告編。物語の第1話は当記事の最後にあります。)

同社のFacebook上で公開されたこちらの映像は、フライタウンに住むフライドポテト、ジョー・フライという名前の探偵が主人公のミステリー作品です。

物語は、いつもと変わらない日常を過ごすジョーのもとに、この街に住む女性・フライアナが訪れ、「忽然と姿を消してしまった夫を探して欲しい」という依頼を持ち込んでくる…というストーリー。

現時点で制作されているのは第1話のみですが、この話の続きを作るにあたっては、視聴者からストーリーのアイディアを募集し、それをもとに新しいエピソードを数日おきに追加していく予定だといいます。

世界各国に店舗を持つマクドナルドには、その国ならではのご当地メニューがあることはよく知られていることですが、このLoaded Friesもオーストラリアだけで展開しているメニューのひとつ。そのメニューを訴求するために、当地のユーザーを巻き込んで“共同で斬新なPRコンテンツを作り上げよう”とする発想がユニークですね。