Case: The Hidden Frame

Sony Mobile(ソニーモバイル)がリリースした新Xperia Z5は“世界最速のオートフォーカススピード”が最大の特徴だといいます。同社は、このオートフォーカススピードの速さを訴求するために、スウェーデンで、“同機種のプロモ動画にサブリミナルメッセージを仕込む”というデジタルプロモーションを実施しました。

Xperia Z5のオートフォーカススピードは、わずか「0.03秒」。通常1秒間の映像は30個のフレームで構成されており、0.03秒はまさに1秒間の映像に使われる1つの映像フレームの長さに等しいと考えられます。そこに着目した同社は今回、“0.03秒しか現れないサブリミナルメッセージ”をプロモ動画に仕込むことで、“その一瞬とも言える速さを訴求する”という取り組みを実施しました。

目を凝らしてみてください。こちらがXperia Z5のプロモ動画です。

あなたはサブリミナルメッセージに気づくことができましたか?

実は、動画のある部分に下記のメッセージが0.03秒間だけ流れていたのです。

このメッセージに気づいた人は、件名を「CPB031」にして、「0.03@sonymobile.com」までメールを送信してください。最も早かった人に新Xperia Z5をプレゼントします。

同社は、この動画をオンラインメディアや各種ソーシャルメディアチャンネルで公開しました。

この“ギミック”をプレスが嗅ぎ付けた(主要メディアに意図的に情報提供したものと推測されます)こともあり、「隠れメッセージ探し」は数多くのパブリシティを獲得し、デジタル領域で大きな話題を集めることに成功しました。

さらに本動画だけでなく、複数の他のプロも動画にもサブリミナルメッセージを仕込み、オートフォーカススピードを広く訴求することができたといいます。

もしかしたら下記のケーススタディをまとめた動画にもサブリミナルメッセージが仕込まれているかもしれません。ぜひ本施策の一部始終を動画でご覧ください。