Case: Imagine The Possibilities

1959年にアメリカで発売されて以来、世界中の女の子を虜にしてきたバービー人形。“こんなドレス、着てみたいな!”と思いながら、たくさん遊んだ思い出を持つ人も多いのではないでしょうか。

そんな親世代に向けたCMが、メーカーのマテル社より公開されました。

映像のテーマは「You Can Be Anything.(何にだってなれる)」。

子供のころ、想像力をめいっぱい働かせながらバービーの世界で過ごした思い出を、幼い女の子たちが再現します。

大学教授になって、大勢の学生の前で講義をしてみたり…

サッカーチームのコーチになって選手にトレーニングをさせたり。
「もっと足を高くあげて!ユニコーンみたいにね。」

忙しく国内外を飛び回るキャリアウーマンや、獣医にだってなれます。

YouTubeで公開後、3週間足らずで1千万回近くも再生されたこの動画。コメント欄にはこのCMに共感した女性からの書き込みが多く寄せられ、中には自分の幼少期を思い出して、懐かしさのあまり思わず涙してしまった人もいるようです。

子供の想像力って、本当に自由で豊かですよね。自分にもそんな時があったことを思い出させてくれる、最高にキュートなCMでした。