Case: Rolling parcels pursue pedestrians and surprise them.

スイスの郵便局・Swiss Postが、“新たな再配達サービス”を訴求するために、ルツェルンで実施した楽しいアウトドア施策をご紹介します。

ルツェルンの街中に突如出現したもの、それは市内を這う30個の黄色い小包。

これらは、下部に車輪が施され、リモコンで操作できるよう特別に改造された小包で、プロのリモコンカー操縦士(実際にこのような職種が存在するそうです)が操作しているとか。

この小包を、街中の至るところで走らせました。

そして、プレゼントも。街行く人に近寄り、自ら開いた小包には、それぞれ小さなギフトが入っていました。小包が練り走る姿に楽しませてもらった人々は、突然のギフトでさらに心が躍ります。

小包のふたの裏には、「再配達は、お好きな時間に、お好きな場所で受け取れます。」と書かれており、Swiss Postが実施している、再配達サービスのプロモーションであることが明かされました。

小包が街中を縫うように走るという何とも楽しいスタントの一部始終をぜひご覧ください。