Case: Happy bus journey

世界最大級の携帯電話事業会社・Vodafoneがイギリスで、高速データ通信サービスを訴求する心和むテレビCMを公開しました。

のどかな田舎道を走る、1台のバス。窓の外には穏やかな風景が広がり、車内はゆったりとした空気が流れています。

ところが母親と一緒に乗車していた赤ちゃんが、突然大声で泣き出しました。お母さんが懸命にあやしても一向に泣き止む気配もなく、周りの人も少し迷惑顔。

すると親子の後ろに座っていた男性がスマホを取り出し、アニメの動画を立ち上げて、赤ちゃんに見せたのです。

それまで火が付いたように泣いていた赤ん坊は、一瞬にして笑顔に。

Vodafoneの4Gサービスを使えば、観たい時にすぐに動画を視聴できますよ!という事を訴求する、心和むコマーシャルでした。