Case: Playing can’t be bad

中国のオンラインゲーム会社・ChangYouが、ユーモラスなテレビCMを公開しました。

ゲームに関しては健康面でのデメリットや、その中毒性により勉強や仕事に支障がでるなど、なにかと弊害が注目されがちですが、このCMでは『悪いのは、本当にゲーム?』と問いかけるという内容です。

制作されたのは3パターン。

まずは…『母親編』。

息子に彼女ができないのは、ゲームのせい?いいえ、それは母親であるあなたが、息子を溺愛し過ぎているから。

友達の前で過保護にしていませんか?

子供がSNSに投稿する全ての写真にコメントしていませんか?

ゲームが悪い訳ではないんですよ。

続いて…『従業員編』。

あなたの会社の従業員が真面目に仕事をしないのは、ゲームのせい?

いいえ、理由は他にあるんです。
壊れた椅子で仕事をさせていませんか?

ごみを投げつけてこちらへ来いと呼んだり、トイレのすぐ近くにデスクを置いたりしていませんか?

ゲームが悪い訳ではないんですよ。

最後に…『少女編』。

パパがちっとも遊んでくれないのは、ゲームのせいだと思ってる?
でもね、お父さんにだって、遊ばないのにはそれなりの理由があるんです。

お姫様ごっこにつき合わされたり、同じアニメを何度も観たり。

ゲームが悪い訳ではないんですよ。

ゲームに没頭してしまうことに対する批判をユーモラスにかわす、独自の視点が面白いコマーシャルでした。