Case: Tiny Dancer

素敵なクリスマスCMでお馴染みの英老舗百貨店チェーン・John Lewis(ジョン・ルイス)が手掛ける住宅家財保険事業が、家の中でダンスする少女にハラハラドキドキさせられるテレビCM、題して「Tiny Dancer」(小さなダンサー)を公開しました。

主人公はBunny Mayという女の子。ダンスへのみなぎる情熱のままに、家の中をくるくる回転したり、ぴょんぴょんジャンプしたりしながら、部屋から部屋へと自由に踊りまわります。

テーブルの上の花瓶が彼女の振動で倒れそうになったり、激しいジャンプで棚から物が落ちそうになったりと、見るものをひやひやとさせますが、彼女を止める両親は現れません。

それはそのはず。彼女の両親はJohn Lewisの住宅家財保険に加入しているので、“たとえ家中の物が壊れても怖くない”と訴えるストーリーだったから。

動画に使われているのは、タイトルと同様、エルトン・ジョンの「Tiny Dancer」という曲。また、同社は専用サイトで撮影の舞台裏やBunny Mayちゃんの略歴を紹介している他、メイキング動画も公開しています。

保険に入っていれば、お世辞にも上手とは言えない彼女のダンスも安心して見ていられますね。とってもチャーミングな住宅家財保険のコマーシャルでした。