Case: O2 unveils GuyFi on Brighton Beach

イギリス第2位の携帯電話会社のO2は、真夏のビーチで“Wi-fi”ならぬ“GuyFi”を提供しました。

真夏のビーチは絶好の撮影スポット。浜辺での一瞬をすぐさま撮影したり、それをSNSでシェアしたいと思う人は多く、ビーチを訪れる人の約3分の1は無料インターネット接続を希望しているとの調査結果があると言いますが、実際のところ、ビーチには無料Wi-Fiがないのが現実です。

そこでO2は、同社が提供するモバイルWi-Fiルーターをポケットに忍ばせた“人間Wi-Fiホットスポット”、その名も“GuyFi”をビーチに解き放ち、ビーチ客に無料でWi-Fiを提供する取り組みを実施しました。

“GuyFi”役を担ったのは、体操選手のルイス・スミス選手とその仲間たち。マッチョで頼りがいがある見た目通り、お兄さんたちがポケットに忍ばせているモバイルWi-Fiルーターは、早くて安心な4G通信を提供するだけでなく、端末の充電も行ってくれるという頼れる存在です。

プレスリリースによるとルイス・スミス選手は、ビーチで無料Wi-Fiが欲しい気持ちが良く分かると言い、「最高のビーチ・セルフィーを撮り、投稿するお手伝いができれば…」と話しています。

また同社は、誰もが携帯端末を持つ現代にはモバイルWi-Fiルーターが必要不可欠であると言い、「O2のポケットサイズのWi-Fiルーターがあれば、旅先でもビーチでも、いつでも家族や友人とつながることができる」と言います。

誰もが喉から手がでるほど欲しいビーチでの無料Wi-Fiを、“ナイスガイが提供する”というユニークなキャンペーンでした。


(via O2)