Case: Sound bites

南アフリカのKFCが実施した、ユニークな店内プロモーションをご紹介します。

自社のメインターゲットである若者世代の多くは、音楽に関心を持っていることに注目したKFC。店内にあるいくつかのテーブルに、音楽が流れる仕掛けを用意しました。

音楽といっても、ただBGMを流すだけではありません。テーブルに描かれている印のところに両肘をつき、さらに手のひらで耳を覆うと、テーブルから腕の骨を伝わって、音が聞こえる仕組み(骨伝導)になっているのです。

楽曲は4人の地元出身若手アーティストに依頼して制作。音楽を聴いたお客さんは、スマートフォンで彼らのプロフィールをチェックしたり、SNSを通じて友人とシェアしたりすることもできます。

この驚きの仕掛けにお客さんは大喜びで、「すごくクールだよ!全部のテーブルにこの機能があればいいね。」「このテーブル、自分の部屋にも欲しいわ!」などと、反応は上々。デジタル世代の若者にアプローチすることに成功しました。

『若者』、『ファーストフード』そして『音楽』を、“骨伝導”というスパイスを加えてマッチングさせた店内プロモーション。テクノロジーが自然にエンターテインメントへのブリッジになっていますね。

動画はコチラ

KFC | Sound Bite Interactive Record table from Gloo on Vimeo.