Case: Battle of the Spreads

イギリス発の変わった食品、マーマイトとボヴリルをご存知でしょうか。どちらも見た目は黒っぽいペースト状のものですが、マーマイトはビールの酒粕を原料としており、味はかなり塩辛く、トーストやクラッカーにつけて食べるのが一般的。

一方ボヴリルはビーフブイヨン、イーストなどでできていて、マーマイトと同様にパンに塗るか、もしくはお湯に溶かしてスープのように飲むのだそう。どちらも栄養たっぷりで体によく、イギリスやニュージーランド、南アフリカなどで広く愛されています。

今回このマーマイトがボヴリルを相手取り、南アフリカのツイッター上で『どちらが好きか』というアンケートを実施。最終的にフォロワー数の多い方が勝ち、という対決を仕掛けたのです。

アンケートが開始されると瞬く間にツイートが殺到。ラジオ番組で取り上げられたり、南アフリカのセレブが参加したことも相まって、「初めて食べた時からマーマイトの虜なんだ!」「寒い冬の日に飲むボヴリルは最高だよ」など、多くのコメントが寄せられました。

そして数か月後、このバトルを制したのは…マーマイト!フォロワー数1225を獲得したのに対し、ボヴリルは1072という結果に終わりました。



「自ら対決構造」を示すことにより、メディアや生活者の注目を集めたPR施策。“ユーザーの参加のしやすさ、意思表明のしやすさ”も企画のポイントですね。

ともに話題になったので、いわゆる“敗者なき戦い”でした。

動画はコチラ