Case: Circle of life

世界的な環境保護団体のWWFがシンガポールで実施した卓越したプリント広告をご紹介。

コピーはなく、ビジュアル & ロゴオンリーのそのクリエイティブがこちらです。

一本の木を伐採すると、切った木がドミノ倒しされていき、円を描いて、伐採した当人の元へ、今まさに最後の木が倒れてきそうになっているというビジュアル。

「人間の都合だけで行うむやみやたらな樹木の伐採は、森林を破壊することに繋がり、その結果生じる地球環境の変化は、人間自身を窮地に立たせることになる」というメッセージを、1枚絵で明瞭に語っています。2011年の作品、代理店はGrey。

(via Ads Of The World)