Case: Smile

ブラジルのデンタルクリニック・RSX Dental Groupが実施したダイレクト施策をご紹介。

歯の矯正を訴求するために作られたノベルティグッズがこちらです。

ご覧の通り、リングノートのリングをワイヤー矯正の「ブラケット」に見立てています。ノートを開いてこのビジュアルが飛び出したら、衝撃です。

コピーは、“Learn to smile again.”(もう一度笑顔を学ぼう。)

「歯を矯正することで、コンプレックスを無くして素敵な笑顔を披露してくださいね」とコミュニケートしています。

リングノートのリングを「ブラケット」に見立てるという自由かつ、豪快な発想が光るケース。インパクト絶大ですね。

(via adeevee)