Case: Drink an ad

以前当サイトでも取り上げましたが、コカ・コーラゼロによる「世界初となる“飲める”看板」というプロモーションが話題となりました。今回はその第2弾として打ち出された、「Shazam」というアプリを用いたキャンペーン「Drink an ad(飲む広告)」をご紹介します。

Shazamは無料の音楽認識アプリで、テレビなどから流れる曲を聴きとって、その曲のタイトルやアーティストの情報をユーザーに教えてくれるもの。これまでは音楽に特化していましたが、新たに画像認識機能が追加されたことを受け、この技術を活用したキャンペーンが実施されたというわけです。

具体的には、コカ・コーラゼロのコマーシャルがテレビで流れた時に、Shazamをインストールしたスマホをテレビに向けると、ユーザーのスマホ画面に映るグラスにコーラが注がれる、といった具合。

この機能はテレビCMに限らず、屋外看板、雑誌広告やツイッターなど様々なメディアに対応しており、各媒体経由で表示された『コカ・コーラゼロが注がれたグラス』の画面をスーパーなどに持っていくと、ペットボトルを1本無料でもらえるようになっています。

前回の“飲める看板”と比べて、とにかく沢山の人にリーチできるという点が特徴ですが、両者に共通しているのは、人々に「やってみたい!」と思わせること。

ただ無料でドリンクを配るのではなく、みんなが楽しめる仕掛けを用意するあたり、コカ・コーラらしい施策だと思いました。

動画はコチラ