Case: Parking Billboard

自動車メーカーのフィアットがドイツで実施した、ユニークなアウトドア広告をご紹介。

街中を走行する大勢のドライバーにとって悩みの種は「いかにうまく駐車するか」。今回はフィアット車に搭載されているパーキングアシスト機能を訴求するために、駐車スペースにある看板にインタラクティブなデジタルサイネージを施しました。

こちらがそのデジタルサイネージ看板。

後方にある自動車(上の画像の黒い車)のフロントには、前方にやって来る車との距離を正確に測定する装置を設置しています。

さらに、事前に子供や大人のモデルを使って、両手を大きく開いてからその間隔を徐々に狭めていく様子を撮影しておきます。これで準備は完了。

ドライバーがこのスペースに駐車しようとすると、後方にある車との間隔を看板に映っているモデルが、その“両手の間隔でガイドしてくれる”という仕掛けです。

子供だけでなく、例えばバニーガールもセクシーに駐車をサポートしてくれます。

「フィアット車ならこんなにワクワクして縦列駐車ができますよ!」そんなメッセージをコミュニケートする愉快なプロモーションでした。

ユニークなデジタルサイネージ施策に関心のある方は下記もご覧ください。
世界の創意あふれるデジタルサイネージ10選-テクノロジーとクリエイティビティの巧みな融合

動画はコチラ