Case: #HandsOff

2015年カンヌライオンズ ダイレクト部門でゴールドを受賞した異色の作品をご紹介。フランスのポルノメーカー・MARC DORCELによる「#HandsOff」と題されたケースです。

“ヨーロッパ ポルノフィルム界の帝王”として名高いMARC DORCEL氏には差し当たっての悩みがありました。それは、インターネット上に溢れかえる無料アダルトビデオの存在。同社が提供する“月額9.99ユーロの高画質ポルノフィルムストリーミングサービス”は、これにより見向きもされていませんでした。

そんな中MARC DORCEL氏は、「高画質の映像を見てもらえれば、その良さがわかってもらえるのではないか」と考え、同社が保有する高画質のアダルトビデオを特設サイトで公開し、あるたった一つの“条件”をクリアすれば、誰でも無料で視聴できるようにしたのです。

その“条件”とは…映像の視聴中に、キーボードの[Q][S][P][L]という4つのキーを押し続けないといけないというものでした。

各キーから一瞬でも指を離してしまうと、画面は真っ暗になってしまうのです。

察しのいい方なら既にお気づきかもしれませんが、これら[Q][S][P][L]という4つのキーは“両手”を使わないと押せない配置になっています。ということはすなわち、ポルノ映像を見ながら“あの行為”を行うのが至極困難というわけです。そして“両手を離して普通に見続ける”には、料金を支払わなければならないというシステムでした。

この試みに対して体験した男性たちからは、「いまだかつてないサイコーにひどい拷問だぜ!」「これほどキーボードを愛おしいと思ったことはないよ…」といった声があがるなど大いに評判になるとともに、各種メディアでも数多くパブリシティを獲得しました。

さらにはユーザー自身が、“無料で視聴し続けるための涙ぐましいアイディア”を自発的にFacebookやVineで公開して共有するなど、CGMでも盛り上がり、爆発的な拡散がなされたようです。(ネコの手を借りて代わりにキーを押してもらうアイディアとか、バカバカしすぎて大好きです)

結果、DORCEL.comへの訪問者は27倍に、有料加入者は50倍に急伸したといいます。ターゲットである男性の心理・インサイトを見事とらえた、素晴らしくイカしたプロモーションでした。

動画はコチラ