Case: Wolkswagen

フォルクスワーゲンが、フランスで、SNSでの拡散を狙った“スペルミス”広告施策を実施しました。

こちらは、テレビで放映されたフランス対ブラジルのサッカー中継。

よく見てください。何かに気が付きませんか?

そう、フォルクスワーゲンが広告を掲示しているのですが、“Volkswagen”とあるべき社名が“Wolkswagen”となっており、まさかのスペルミス!

こういったものに即座に反応し、誰かに伝えたくなってしまうのが、人間というもの。

600万人と言われる視聴者と8000人のスタジアム観戦者は即座に反応を見せ、「フォルクスワーゲンのスペルを正しく書けないなんて恥ずかしい。」、「VolkswagenはいつからWolkswagenになったんだい?」、「フォルクスワーゲンの広報がお気の毒。」などスペルミスを指摘するネガティブなツイート数がどんどん増えていきます。

試合が前半を終えると、視聴者と観戦者に種明かし。あえて“スペルミス”広告を掲示したことを知らせます。

すると、一転。「Wolkswagenに一本取られた。」、「この広告最高!」と今度は“スペルミス”広告戦略に対するポジティブなツイートが数多く寄せられたのです。

90分の試合中継が終わるころには、ツイート数は実に7500件に上ったといい、各種SNSで200,000件のインプレッションを獲得し、大きなバズを生むことに成功しました。

フォルクスワーゲンがフランスサッカーリーグのパートナーとなったという事実を、“スペルミス”広告により、大きな話題性を持って訴求することに成功したクレバーな施策でした。

動画はコチラ

WOLKSWAGEN from CampaignsOnline on Vimeo.