Case: 横浜DeNAベイスターズのオリジナルデザインマンホール

横浜のまちづくりプロジェクト、「I☆(LOVE)YOKOHAMA」の一環として、横浜DeNAベイスターズが打ち出したオリジナルデザインの『マンホール』。

一見、マンホールに見えませんよね?

ベイスターズのロゴがしたためられているマンホール。よく見るとスターマークの周りには「N」「W」「S」「E」(東西南北)と記されていて、“プロ野球”と、“港街”である横浜のイメージがうまく融合されたデザインになっています。「野球を通して地域の絆を育みたい」そんな思いが込められたものです。

さりげなく足元から発信し、そこを歩く人ならきっと目に留まるということを意図した素敵な街の広告ですね。

最近では、『マンホール女子』といった新しい造語が生まれるくらい、マンホールのデザインが注目されつつあります。そんなマンホールのデザインには、地域ごとにそれぞれの持ち味があります。

こちらの画像はそんなデザイン性の高いマンホールのほんの一部ですが、マンホールを見るだけで、その地域が何の“ゆかりの地”なのかが分かりますね。

普段何気なく通り過ぎていく道でも、実は様々な工夫がなされているものです。一見同じように見えるものでも、微妙に違いがある。そんな“仕掛け”に気づけたとき、どこかうれしい気持ちになりませんか?

街を歩く時、思い出したら足元を見てみてください。それぞれの街の想いが描かれたマンホールが見つかるのではないでしょうか。

Written by ‘Miyuki Abe’

参考サイト

横浜DeNAベイスターズ
http://www.baystars.co.jp/news/2015/03/0319_04.php
奈良県
http://www.pref.nara.jp/4772.htm
栗原市
http://www.kuriharacity.jp/index.cfm/10,1387,55,162,html