Case: Piggyback

南アフリカのカフェイン入りチョコレート菓子ブランド・Zangが実施したユニークなPRスタントをご紹介します。

今回の企画は話題化を狙うとともに同社の企業アイデンティティに触れてもらうことを意図して、ケープタウンで世界初(?)となる「肩車タクシーサービス」を実施しました。

市民を肩車してくれるのはこちらのマスクを被った屈強なレスラーたち。

肩車タクシーを利用するには、「#ZangLift」とハッシュタグを付けて目的地とともにツイートするだけ。

また“乗客”はこの“乗車体験”をスマホで撮影して、自身のSNSへ投稿することを促されます。これにより大勢のフォロワー、友達への拡散がなされました。

このスタントに合わせて街中で商品サンプリングもなされたといいます。

SNSでのバズを誘発し、大衆に近いブランドであることを訴求する茶目っ気溢れるPRスタントでした。

(Image source by Facebook/ZANG & Twitter/#ZANGLIFT)

動画はコチラ

(via Facebook/ZANG)