Case: Hearing Hands

“障壁のないバリアフリーの世界”を実現することを夢に掲げている韓国の家電ブランドのサムスンは、その夢の第一歩となる「聴覚障害者のためのテレビ電話サービス」を開始するにあたり、トルコで、聴覚障害を持つ一人の青年に感動のドッキリを仕掛けました。

ターゲットは聴覚に障害を抱えるMuharremさん。ドッキリの準備期間は約一カ月。大勢の仕掛け人が隠しカメラの設置場所等念入りに作戦を練り、手話もマスターして、ドッキリ当日を迎えました。

2014年12月28日、ドッキリ決行日。何も知らない男性が仕掛け人の家族に付き添われてアパートから出てきました。

まずは、何気ない挨拶から。私たちにとっては、道行く人から“おはよう”と声をかけられることはよくあることですが、耳が聞こえない人にとって、通りすがりの人から手話で話掛けられることはめったになく、Muharremさんも驚いて何度も後ろを振り返ります。

続いてはパン屋さん。こちらでも、店員さんが普通に手話で対応します。Muharremさんはこれにも驚いた様子です。

そして、買ったばかりの果物を落としてしまう男性に遭遇し、果物を拾ってあげるとその男性からも手話で感謝され、リンゴをもらうというサプライズも。

Muharremさんはこれには大変驚き、「知り合いなの?」「彼も聴覚障害者なの?」と家族に疑問をぶつけます。

暫く歩くと、今度は出会い頭に急ぎ足の女性の肩がぶつかり、この女性も手話で「ごめんなさい。」と謝ります。

Muharremさんは「今日はいったい何が起こってるんだ?」と度重なる手話でのコミュニケーションに驚きを隠せません。

続いて二人はタクシーに乗ります。

ここでも手話で話しかけられ、タクシーを降り最終目的地へ。

Muharremさんを待っていたのはデジタルサイネージ。そこには女性が映し出されていて、「Muharremさん!」と話かけます。

女性は、来る人来る人が手話で話しかけることにより、Muharremさんにとってコミュニケーションのバリアフリーとなった数時間は、サムスンが仕掛けたドッキリであることを明かし、先ほどのようなバリアフリーの世界の実現に向けた第一歩として、聴覚障害者のためにテレビ電話センターを開設したことを告げました。

短い時間でしたがバリアフリー体験を味わったMuharremさんは、仕掛け人に囲まれて感動の涙を流しました。

バリアフリーなサービスを訴求するために、バリアフリーの一日を仕掛けた感動ドッキリをぜひ下記よりご覧ください。

動画はコチラ

Samsung – Hearing Hands – Duyan Eller from Koray Ercelebi on Vimeo.

参考サイト

Ads of the World
http://adsoftheworld.com/media/ambient/samsung_hearing_hands