Case: 「3秒クッキング 爆速餃子」

お馴染みの「3分クッキング」ではなく、「3秒クッキング」を知っていますか?今回は、NTTドコモから届いた衝撃映像をご紹介します。

動画は「3分クッキング」風にはじまります。

本日の料理は餃子。料理人と肩を並べてアナウンサーが材料説明を始めますが、始めるやいなや料理人がゴーグルを片手にその場を離れてしまいます。

アナウンサーもゴーグルを装着し、料理人が指さす材料を確認します。
「塩コショウは少々」

「ニラとにんにくはお好みで」

「皮はピンと張ります」

これで準備完了、「後はボタンを押すだけ」です。

ここからは瞬き禁止です。料理人がボタンを押すと、別々に投入されたひき肉と白菜が噴射され混ぜ合わさり一つの塊になります。

これが、舞い上がる塩コショウとニラ、にんにくの中を高速に通過し、程よく味付けられ、皮が包み込むようにキャッチします。

無事皮に包まれた後は、メラメラ燃える炎目がけて突進し、強火で一気に焼き上がり、無事キャッチして完成です。

調理時間はわずか2.244秒でした。

ゴーグルを装着したまま食べる姿がなんとも滑稽ですが、抜群の仕上がりだった様子。

「最後にもう一度レシピのおさらいです。」
聞いたことがない調理“機器”が列挙されているところなど、最後まで作り込みが面白い動画でした。

これは、NTTドコモが国内最速受信時最大225Mbpsを誇る“爆速”モバイル通信サービス「PREMIUM 4G」のPR用に公開した動画です。今回ご紹介した“爆速餃子篇”は公開からわずか3日で250万回再生されていますが、こちらは昨年11月に公開されYouTubeで既に1290万回再生されている“爆速エビフライ篇”に続く第二弾です。

“爆速餃子篇”の最後で「明日は3秒ナポリタンです。」と予告しているので、次は“爆速ナポリタン篇”が公開されるかもしれませんね。瞬きを我慢して、ぜひ一度ご覧ください。

動画はコチラ