Case: NosePost

オランダの通信プロバイダー・KPNが、ウィンタースポーツを楽しむ市民のためにユニークなアプリを作りました。

雪山でスキーやスノーボードに興じていると、一息ついた時にはスマホで写真撮影して、雪山での写真を友人知人にシェアしたくなるものです。ところが、手袋をはめているとスマホを操作ができず、何かと不便なことも多々起こります。

そんなインサイトに着目したKPNは、手袋を着けたまま、自分の“鼻”を使って写真撮影ができ、すぐさま指定のSNSにシェアできるアプリ、その名も「NosePost」の提供を開始しました。

このアプリのポイントは大きく2つ。
1つ目は、大きなインターフェイスにより鼻での操作でも間違うことが無い点。タイマー付のため自撮りも勿論OKです。

2つ目は、事前に設定しておいたコメントを付けて、鼻だけでラクラクシェアまでできる点です。

ちょっとバカバカしいこのアプリ。興味のある方はダウンロードしてみるといかがでしょうか。
iOSはコチラ。androidはコチラ

下記のプロモーション用動画もコミカルで面白いので是非ご覧ください。

動画はコチラ

NosePost app from N=5 on Vimeo.

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/kpn/nosepost