Case: matryoshka

外国語としてのロシア語を教える教育施設「プーシキン国立ロシア語学院」のチャーミングなポスターデザインをご紹介。

“新しい言語を習得するとはどういうことか”、“新しい言語を習得することのメリット”を一瞬で伝えるクリエイティブがこちらです。

ミッキーらしきキャラクターが、左から順々に、少しずつ体型(?)を変えていき、最終的にロシア名物の人形であるマトリョーシカの形になるというグラフィック。

コピーは、“Study Russian. Be Russian.”(ロシア語を学ぼう。そしてロシア人[のように]なろう。)

ポスターのモチーフにはほかにも、ピサの斜塔やキティーちゃん、(ロンドン名物の)真っ赤な電話ボックスなど、世界的に知られたキャラクターやシンボルが使用されています。

人形が、“少しずつ変形していき、あるタイミングで大きな変化が起きている”様子が、外国語をマスターする上で必要となる地道な努力と、できるようになる楽しさを両方示唆しているのかもしれません。

参考サイト

design taxi
http://designtaxi.com/news/372315/Creative-Language-Posters-That-Feature-Iconic-Pop-Culture-Characters-Symbols/?interstital_shown=1