Case: Bartinder

近年急激に利用者数を伸ばしている出会い系アプリ「Tinder」。異性の顔写真を“タイプかどうか”でどんどん分類し、互いに気に入った場合はメッセージのやり取りができるという仕組みで、異性と知り合うきっかけを気軽に作ることができる、と話題を呼んでいます。

そんな“現代ならではの男女の出会い”に待ったをかけているのが、ベルギーで人気のビールメーカー・Primus。「Headstrong by nature(頑固に生きろ。)」をブランドコピーに掲げる同社は、男性がバーで女性を誘うという、昔ながらの(?)出会いを推奨しています。

世の男性に、“もっと男らしく”女性を誘ってもらおうと同社が考案したのが、Tinderを利用した施策です。実施するにあたり、まずは数名の美しい女性に協力を仰ぎ、Tinderに登録をしてもらいました。

女性たちのアカウントには続々と男性からの「いいね!」が届くわけですが、彼女たちのプロフィール写真の一番最後に「デートアプリなんて使わずに、勇気を出してバーで女の子に話しかけてみましょうよ!」とメッセージ入りの写真を掲載したのです。

さらに『ルーヴェン市内にあるCarlisseというバーに行ってこの画面を見せれば、ビールを2杯無料でサービス』という特典までつけ、男性から声を掛けやすいようにお膳立て。結果多くの人がバーを訪れ、出会った女性と共に美味しいビールを楽しんだそうです。

人と人とのつながりが希薄になっている時代だからこそ、オンラインに頼らず自分の力で出会いを見つけようよ!と呼びかけているような、ユニークな施策。出会いを果たした後、いかに関係を築いていくかはもちろん本人次第ですけどね。

出会い系アプリ「Tinder」を活用した施策に関心のある方は下記もご覧ください。
Tinderを活用したプロジェクト(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/primus/bartinder