Case: Shark

イギリスで海洋やビーチの環境保護に取り組む団体「Surfers Against Sewage」が実施したプリントキャンペーン。

市民に「ゴミのポイ捨てはやめましょう」と啓発するために作られたクリエイティブがこちらです。

海中に漂っている一枚の赤いゴミ。その形状がまるで“サメが大きく口を開けているように見える”というビジュアルです。

右下にあるメッセージには、「あなた方がポイ捨てしたゴミが、今年最大の『海の殺人鬼』となるでしょう。我々の貴重な海、そこに生きる生物を保護するために協力してください」などと書かれています。

“海に捨てたゴミが環境汚染の原因となり、その結果ポイ捨てした本人を傷つける、そしてさらに誰かを傷つけることになるんですよ”というメッセージを巧みなクリエイティブを通じて訴求しています。

参考サイト

adeevee
http://www.adeevee.com/2014/12/surfers-against-sewage-sea-monsters-print/