Case: Repurpose Schoolbags

日本に住む私たちにとって、電気は使いたい時に使える、あって当たり前の存在。しかし世界には電力が供給されない国や地域が多くあります。

南アフリカもそんな国の一つ。急激な経済成長とは裏腹にインフラ整備は行き届いておらず、農村部の人々は夜になると灯油ランプを使って明かりを灯しますが、灯油は高価なうえに、ランプから発生する煙は健康に悪影響を及ぼすのだそうです。

さらに子供たちは学校から帰ってきても十分な明かりがないために宿題ができず、学力の向上にも支障をきたしています。

そこで南アフリカの環境保全や、人々の暮らしの向上のために活動する「Rethaka」は、安全で環境にやさしく、しかも再生可能なエネルギー施策を考案しました。それがこちら、スーパーのレジ袋をリサイクルして作った通学用バッグです。

このリュックのふたの部分には小さなソーラーパネルが付いており、太陽光をエネルギーにして蓄電することができます。毎日長い道のりを歩いて登校する子供たちにこのリュックを支給し、通学の時間に太陽光発電をしてもらおうというのです。

子供たちが学校での勉強を終えて帰宅すると、パネルに蓄電したエネルギーを使い、ソーラーランタンに明かりを灯すことができます。利用時間は12時間。食卓を照らしたり、宿題をするのにも十分使えます。

『プラスチックごみのリサイクル』、『子どもたちの学習環境の改善』、そして『健康で安全な暮らし』を実現する素晴らしいアイディアですね。

今回この施策を実施したRethakaは、慈善団体ではなく、利益を追求する会社です。ボランティアやチャリティーといった、裕福な人々の善意に頼った運営とは違い、きちんとビジネスとして成立させていくことで、地域と経済の双方に貢献していくことを目指しているそうです。

参考サイト

SPRINGWISE
http://www.springwise.com/south-africa-solar-school-backpacks-provide-light-evening-study/
Rethaka
http://www.repurposeschoolbags.com/