Case: Devour The Road

カナダのトロントで英自動車ブランドのジャガーが実施したプリントキャンペーン。

550hpの「XFR-S」、「Fタイプ Rクーペ」、「XJR」を訴求するために生み出されたシリーズ作品です。まずは「XFR-S」。

黒い皿の上に置かれた特徴的な器に盛られたヨーグルトとブルーベリーを上から見ることで、BMWのロゴマークを描いているというビジュアル。今まさに食そうとスプーンが添えられています。

「XFR-S」のそばにあるコピーは、“Devour the Road”(その道を貪り食おう)。

続いて「Fタイプ Rクーペ」の場合…

プレッツェルがアウディのロゴマークになっています。

最後に「XJR」の場合…

鉄板の上にあるキッシュと絶妙な隙間で、メルセデスのロゴマークを描いています。

同社の競合であるBMW・アウディ・メルセデスが走行しているどんな“道”も、「ジャガーの車が通りさえすれば、その“道”はジャガーのものになる、ジャガーが瞬く間に支配してしまう、“道”で衆目を集めるのはジャガーだけなんですよ」などと示唆しているかのようです。

ジャガーのロゴマークのイメージを活かした面白いプリント広告でした。このクリエイティブに対して、競合他社がどういう反応を示すのかも興味を惹かれますね。

ジャガーが競合に宣戦布告した動画に関心のある方は下記もご覧ください。
ジャガー、ベンツに挑戦状を突きつけるパロディーCMを公開

海外ならではの競合を揶揄する比較広告に関心のある方は下記もご覧ください。
世界のユニークな比較広告(まとめ)

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/jaguar/devour-the-road