Case: LEGO

ブエノスアイレスのアートディレクター、Alexandre TissierさんがLEGOを仮想クライアントにして実施したプリントキャンペーン。

そのクリエイティブがこちらです。

“SPIDER BOND”のタイトルの下に、顔がスパイダーマンで体がジェームズ・ボンドのレゴ人形が立っているというビジュアル。

コピーは、“FICTION MEETS FICTION.”(創作が創作に出会う)。

映画やアニメの登場人物同士を掛け合わせて新たなキャラクターを描くというアイディアで、この新しく生み出されたキャラクターがこの後どんな活躍をしてくれるのか、どんな物語を見せてくれるのか、子供ならずとも見るものをワクワクさせてくれます。

LEGOもそれと同様、子供も大人もまだ見ぬ想像力の世界に誘うとともに、常識にとらわれない発想力を育むおもちゃなんですよ、と示唆しているかのようです。

“SPIDER BOND”以外のバージョンも下記からご覧ください。それぞれ何と何を掛け合わせたわかりますか?

参考サイト

adeevee
http://www.adeevee.com/2014/11/lego-fiction-meets-fiction-outdoor-print/