Case: The fun queue

スウェーデンの遊園地・Lisebergは、年間300万人もの人が訪れる、北欧最大のアミューズメントパーク。中でもジェットコースターの「Helix」は常に長蛇の列ができるほどの人気です。

人気のアトラクションには長い待ち時間がつきものですが、Lisebergは“退屈な待ち時間”を“楽しい時間”に変えるゲームアプリ「Helix」をリリースしました。

アプリには5種類のミニゲームがあり、どれも制限時間1分間で得点を競うものです。これだけでも十分楽しめるのですが、このアプリでは列に並んでいる人たちとスコアを競うことができ、最高得点を記録したプレーヤーを15分おきに選出。

見事1位になった人には、その特典として『列の先頭に行って、ジェットコースターの最前列に座ることができる権利』をプレゼントしたのです。

このアプリはメディアでの広告は全く打ち出していないにも関わらず、25万件ものダウンロードを達成、175万回もプレイされたといいます。

『待ち時間を検索するアプリ』はいろいろなテーマパークで出していますが、今回は待ち時間を少なくするのではなく、『どうせ待つなら、その時間を楽しく過ごしてもらおう』という逆転の発想が活かされています。

ありそうでなかった、ナイスアイディア。1位になると先頭に行けるのであれば、これはもうやるしかないですね!

動画はコチラ

参考サイト

Ads Of The World
http://adsoftheworld.com/media/online/liseberg_the_fun_queue