Case: Blind Date

ブラジル南部のサンタカタリーナ州では毎年3000人を超える人が行方不明になっているといいます。そんな事態を憂慮した行方不明者捜索機関・DPPD Missing Persons Unitは、人気出会い系アプリを活用した前代未聞の捜索活動を実施し、23名の不明者を発見して話題となりました。

DPPD Missing Persons Unitが目を付けたのは、世界各地で絶大な人気を誇る出会い系アプリ・Tinder。ここに行方不明者のプロフィールを登録し、アプリを活用する大勢の人に行方不明者の情報提供を呼びかけようというものです。

まずは、Facebookに行方不明者の名前と写真を使ってプロフィールを作成します。そしてこのアカウントを使って、Tinderに行方不明者の情報を登録します。(※Tinderの利用にはFacebookのアカウントが必須)

Tinderの使い方は、次から次へと現れる異性の写真をスワイプして、好みの相手がいたら「♡」マークをタップするだけというシンプルなものですが、これによりTinderを使ってパートナーを探している人は、知らず知らずの内に行方不明者の顔写真も目にするようになるという仕組みです。

行方不明者の顔写真やプロフィールに興味を持ち、更なる情報を求めてクリックすると、その人が「行方不明者」だということがわかり、もし何か心当たりがあれば同団体へコンタクトするようメッセージが表示されるというものでした。

2013年12月以降、100人以上の行方不明者のプロフィールが作成され、Tinderに登録されたといいます。“異性の顔写真をじっくり見るであろう”出会い系アプリに行方不明者の情報を掲載するという本取組みは、多くの人に不明者情報を見てもらうのに効果的で、主要なメディアにも数多く取り上げられました。

結果、23名の行方不明者の発見に繋がるという大成功をおさめたといいます。

男女の気軽な出会いを叶える流行の出会い系アプリの特性を活かした、目の付け所が鋭いプロジェクト。市民を巻き込み、能動的に協力者してもらうための“ハードルの下げ方”(=知らないうちに捜索活動に参加しているというスキーム)が素晴らしいと思いました。

出会い系アプリ「Tinder」を活用した施策に関心のある方は下記もご覧ください。
Tinderを活用したプロジェクト(まとめ)

デジタルツールを駆使した「行方不明者の捜索プロジェクト」に関心のある方は下記もご覧ください。
常識にとらわれない行方不明者捜索施策(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Creative Criminals
http://creativecriminals.com/dppd-missing-persons-unit/blind-date