Case: The Happiness Blanket

イギリスの大手航空会社ブリティッシュ・エアウェイズが、顧客満足度を脳波で測定するという画期的な装置「ハピネス・ブランケット」を開発しました。

光ファイバーが織り込まれたこちらの毛布は、脳波を測定する機器と連動しています。乗客が頭に装着したヘッドセットが、リラックスした気分を感知した時はブランケットは「青色」に、逆に緊張していたり不快な気分の時は「赤色」に光るという仕組みです。

このブランケットをロンドン-ニューヨーク間のフライトで実験的に乗客に使用してもらいました。

結果、搭乗してしばらくは緊張していたのかブランケットが赤く光る状態が続いていましたが、離陸してドリンクや食事のサービスが始まり、しばらくすると、徐々に青い光へと変化していきます。

座席スクリーンで映画やゲームを楽しんだ後、お客さんはゆったりとしたシートに身を横たえて、眠りにつきます。どのブランケットの色も青色の光を放っていることから、乗客の皆さんがぐっすりと眠れていることがうかがえます。

ブリティッシュ・エアウェイズはこの実験から、乗客に快適なフライトを提供するには食事の質やタイミング、エンターテインメント、機内の照明など、総合的なサービスが必要だと結論付けています。

それにしても、お客さんが本当にリラックスできているかを知るために脳波を測定するって、凄い発想ですね。

脳波を活用したユニークなマーケティング施策に関心のある方は下記もご覧ください。
世界の「脳波」を使ったマーケティング/プロモーション(まとめ)

世界の航空会社によるユニークな差別化施策に関心のある方は下記もご覧ください。
航空会社の斬新な差別化術(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=9oF0-28MOoU