Case: Optical Illusion

洗濯用洗剤ブランドのPersilがメキシコで制作したプリント広告。

以下がそのクリエイティブです(クリックすると別ウィンドウで拡大版が表示されます)。

ビジュアルだけだと何が何だかわからないかもしれませんが、中心にあるコピーを読むとその趣旨がわかります。

“Stare at the Persil bottle for 10 seconds and discover its power.”
(10秒間パーシルの容器を見つめてください。そうすればその力がわかるでしょう)

実際に緑色の容器を10秒間見つめてみると、うっすらと描かれた“WINE”という文字が“目の錯覚で見えなくなってしまう”という仕掛けが施されています。ご自身でも是非試してみてください。

こちらの広告は上述のワイン編以外にもカレー編、インク編があり、それぞれ衣服につくと洗ってもシミになりやすいものの代表格として採用されいます。

「Persilで汚れた衣服を洗えば、(この目の錯覚のように)何の痕跡もないほどきれいになりますよ」というメッセージを発信しています。

洗浄力の高さを訴求するために、目の錯覚を巧みに応用したプリント広告でした。

『目の錯覚』を利用した広告に関心のある方は下記もご覧ください。
目の錯覚を利用した広告(まとめ)

参考サイト

Gute Werbung
http://www.gutewerbung.net/persil-optical-illusion-ads-ddb/