Case: Friend Fries

子供から大人まで、みんなが大好きなマックのポテト。

カナダのマクドナルドでは、フライドポテトを家族や友人と一緒に楽しく食べてもらおうというコンセプトのもと、トロント市内のショッピングモールでゲームが楽しめるデジタルサイネージ、名付けて「フレンドフライ」を設置しました。

ゲームは2人1組で参加します。画面に表示されているURLにスマホでアクセスし、準備完了。

ルールはシンプルで、デジタルサイネージに映っているフライドポテトを、自分のスマホ画面にあるポテトケースに移し替えるというもの。指でスマホの画面を上から下へとスワイプすると、どんどんポテトがケースに入っていきます。

制限時間内に全てのポテトを入れられればクリア。参加した2人ともにポテトのMサイズをもらえるクーポン券が配信されます。

人々が笑顔になるようなデジタルプロモーションを数多く展開する、マクドナルドらしい施策でした。

世界各地でマクドナルドが手掛けたユニークな広告に関心のある方は下記もご覧ください。
マクドナルドの秀逸な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

adeevee
http://www.adeevee.com/2014/06/mcdoanlds-friend-fries-mobile/