Case: Oven Delivery

中米・パナマのPizza Hutでは、お店で電話注文を受けてからピザを配達先に届けるまで、平均して30分程度かかっているそうです。

その時間をもっと短縮できないかと考えた同社が辿り着いた結論が、『具材をトッピングしたピザ生地を、バイクに搭載したオーブンに入れ、配達している間に焼いてしまおう』という世界初の試み。バイクの荷台に設置された箱状の物がオーブンです。

配達先の家に到着すると、すぐさまお客さんの目の前でオーブンからピザを取り出し、箱に入れて渡します。焼きたてアツアツのピザにお客さんは大喜び。

ピザを焼く時間を短縮したことで、配達までにかかる時間を約半分にすることができたそうです。

高温のオーブンをバイクの荷台に乗せる、という点の安全性が若干気にはなりますが、そこをクリアできているのであれば、なんとも画期的なアイディア!日本でも実現するといいな、と思いました。

世界各地で実施されたピザハットのユニークな広告に関心のある方は下記もご覧ください。
ピザハットの斬新な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

adeevee
http://www.adeevee.com/2014/05/pizza-hut-delivery-oven-delivery-outdoor-promo-direct-marketing/