Case: Rainbow Nation

様々な施策を通じてHappinessのシェアを体現するコカ・コーラ。今回はアパルトヘイト政策を撤廃し、多人種が共存する国家として歩んできた『虹の国、南アフリカ』の民主化20周年を祝して、ヨハネスブルグに大きな虹を掲げました。

1994年4月、南アフリカでは全人種参加の初の総選挙が実施され、ネルソン・マンデラ議長が大統領に就任しました。この頃、反アパルトヘイト運動家のデスモンド・トゥートゥー氏は、南アフリカの複雑な人種構造と多様な地域性を象徴する呼び名として、同国を“虹の国”と呼び、以後南アフリカは“虹の国”として知られています。

それから毎年4月は「Freedom Month」として民主化を祝福するムードが漂いますが、今年は記念すべき20周年。そこで、コカ・コーラは、ヨハネスブルグの街に複数の大きなビルボードを設置し、「民主化20周年おめでとう」というメッセージを掲げるとともに、それぞれのビルボードの上に同国の象徴でもある“大きな虹を掛けてお祝いする”という試みを実施しました。

太陽の動きを綿密に計算し、大量の再利用水を使用して、人口的に作り上げた大きな虹。同社によると虹の制作には化学の力だけでなく、魔法の力も加わったといいます。

大人も子供も皆、大きな虹を見て笑顔がこぼれます。

様々な色で構成される虹同様、多様な人種からなる南アフリカ。

虹を作り上げることで国民にハピネスをもたらすと共に、改めて“虹の国”であることに思いを馳せる機会を提供する取組みでした。

世界各地で実施されたコカ・コーラのユニークな広告/プロモーションに関心のある方は下記もご覧ください。

コカ・コーラの秀逸な広告/プロモーション(まとめ)

動画はコチラ

参考サイト

Ads of the World
http://adsoftheworld.com/media/outdoor/cocacola_rainbow_nation