Case: CHECK-IN LOTTERY

日本で実施された企画の切り口が面白いデジタルキャンペーンをご紹介。クライアントは航空会社の、Singapore Airlines(シンガポール航空)です。

同社が3月の末より、東京—シンガポール間のフライトを、「5便へ、増便」することを告知するために実施した施策が“CHECK-IN LOTTERY(チェックイン・ロッタリー)”。

増便という一般的にはベネフィットを感じづらい情報を、「世界初のフライトスケジュール連動型のオンライン宝くじ」というエンターテイメントに変え、分かりやすく生活者にエデュケーションしました。

ユーザーはFacebookアカウントを使ってログインし、エントリーボタンを押すだけで簡単にロッタリーチケット(抽選券)をゲットすることができます。

あとは実際の運航スケジュール通りの約7時間、楽しみに抽選発表を待つだけ。

抽選中(=飛行機がシンガポールに向かっている時間)は下のような、美しい飛行機の映像が映し出されるなど期待感を高める、作り込まれた演出がなされています。

飛行機の到着時間(=当選発表時刻)になると、空港のターンテーブルが表示され、当選者のみ、Facebookのアイコン付スーツケースが流れてきます。

クリエイティブの力で、“増便のニュース”をエンターテイメントに昇華した秀逸なデジタル施策でした。

参考サイト

シンガポール航空|CHECK-IN LOTTERY
https://www.singaporeair.co.jp/campaign/pc/